スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府クールジャパン会議「アニメ業界に税金を投入してオタク用萌えアニメから脱却させる」

結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか? (ディスカヴァー携書)


1: フロントネックロック(庭) 2013/10/08(火) 15:50:42.73 ID:wZVbiM2x0 BE:1687719874-PLT(12009) ポイント特典
クールジャパン推進会議 ポップカルチャーに関する分科会(第1回)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/cool_japan/bunka/dai1/gijiroku.pdf

○樹林委員
お金を使うならば、今だったら私はポップカルチャーのジャンルで言うならアニメだと思います。圧倒的にお金が足りなくて苦しい思いをしている。
粗製濫造になり、レベルが下がり、世界に売れるものがどんどん減ってきているという悪循環をどこかで絶たなければいけない。
それは国のお金を突っ込むことだと思っています

最近のアニメは、本当の意味でのオタク系の作品が増えて、ジブリみたいな誰が見てもおもしろいものというのはすごくテレビの中で減っている。
これは何でかというと、構造から言いますとスポンサーを引っ張ってきて、そのスポンサーの対応をしながらの作品づくりになっていたりすることが多いからです。
あるいはDVDにしたときに、セールスしてペイするようなオタク向けのマニアックな作品にどうしてもなってしまう。

けれども、実際には豊かなストーリー性のあるものが過去にはあったわけで、ジブリ作品もそうですし、
でも、こういうものを担うとしたら私は公共放送であるNHKしかないと思っているのです。
NHKにファンド機能を持たせて、そこにお金を集めてスポンサーに縛られない新しい、けれども昔の日本のストーリー性豊かなアニメーション、
つまり視聴率のためのその回、その回の盛り上がりというのではなく、あるいはグッズが売れるどうこうではないものをつくって、
でも実際には結果として見るとジブリの作品なんて一見、キャラクター製品ができるように見えないものでも後からいっぱいできてきて、
とてつもない大きな商売になっているわけですから、そういうものはまず受けるものがあって、受けるのを前提にものをつくっていくのではなくて、
まずちゃんとお客さんを抱えてから、それを一人一人が考えて、そこから製品化していくというのであればいいわけで、
そういうためにある程度時間を持って、お金をかけてクリエーターたち、本当に労働環境がひどい、タコ部屋みたいなところで仕事している人たちに対して、
ある程度うるおうというシステムをつくっていかなければいけない。

スポンサーサイト

三大フルで聞くとガッカリするアニソン リライト、紅蓮の弓矢、

自由への進撃 (通常盤/CD Only)

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 11:02:36.21 ID:sGOnxymEO
あとは?

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 11:03:37.75 ID:ZL686McO0
コンプリケイション

遊戯王5D's見終わったんだけどさwwwwwwwwww

遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:12:28.84 ID:Zohm9+gk0
ラストデュエルのジャンク・ウォリアーでガチ泣きしたよね

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:20:12.68 ID:ItnJ0ANC0
ここでジャンク・ウォリアーだと!?

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:20:43.38 ID:AtWeB4oo0
視聴前→バイク乗ってデュエルとか何考えてんだよ…

視聴後→どうしてDホイールと合体しないんだ…


はじめに
最新記事
カテゴリ
ランキング
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSS
    このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。